タッチケアとは

 

肌にタッチ(touch)すること、

心に触れること。

 

相手を思い、触れるとき、

そこには「今」があります。

 

「今」「ここ」を感じること。

 

 

精神的安定をもたらし

その人の持てる力を引き出す

癒しになるなど

身体へも、心へも

プラスの効果が期待されるとして

改めて注目されるようになっています。

 

赤ちゃんから高齢者まで

身近な人へしてあげられるケアでもあり

 

赤ちゃんへは ベビーマッサージ

子どもさんへは チャイルドマッサージ

 

大人へももちろん

ボディーマッサージから、ハンド、フット、ヘッド

肌からの心地よさを伝える方法がいろいろあります。

 

 

 

大切に触れてもらう経験をしてきた子どもは

周りを大切に、命を大切にできる大人へと

成長するでしょう。

 

誰もが生きやすい

命を大事にする世の中を

未来を、

子どもたちへ残していくためには

「命が大事」であることを理解できるように

小さなときから、伝えていきたいと思います。

 

やさしい、まあるい世の中。

 

子どもたち

昔子どもだった大人たち

すべての人に、タッチが伝わるとき

きっと「みんなちがって みんないい」の

世界になっているんじゃないかな。

 

タッチケアの、向こうに広がる世界が

きっと、あります。